美容と健康のブルーベリー

ブルーベリーは美容と健康にとても良い食べ物として人気の高い果物です。とても手軽でヘルシーですし、冷凍保存も可能です。毎朝ヨーグルトに入れて食べたり、アサイーボウルなどと一緒にちょっと入れてみると良いかも知れません。おやつ時にも、チーズケーキやレアチーズケーキなどにホイップと一緒に添えて食べると、チーズとも良くあって絶妙です。スコーンやマフィンを焼くときに一緒に入れるのも良いでしょう。この様に、毎日の食卓において、余すことなく使えるば万能の果実です。そもそも、ブルーベリーは視力の回復や、美肌効果にも覿面です。アントシアニンと言うポリフェノールの一種が、網膜にあるロドプシンと呼ばれる細胞に反応して、眼精疲労を防いでくれる効果があります。それとビタミンAとEによって、アンチエイジングを防いでくれたりもします。

目にいいブルーベリーの働きや効果

ICTの進展には目覚ましいモノがあります。パソコンやゲーム、スマホが当たり前に使われる世の中になっていますが、その反面、身体、特に目についての症状を訴える人も急増しています。ブルーベリーが目にいいとか、その効果が注目される背景にはICTの進展があります。適度な休憩やパソコン用の眼鏡を使うなどの外的なからの対策はもちろん大切ですが、インナーケアができればそれにこしたことはありません。中でも、ブルーベリーに含まれる成分アントシアニンは、特に目にいいとされている成分ですし、抗酸化作用が高いことから、ガンや老化にも効果があるということで、注目度が高い食物です。日本でも家庭菜園で栽培したりするケースもありますが、もともと低温の気候を好みますので、日本では産地がまだ限定されていますが、今後品種改良などに期待が寄せられます。

ブルーベリーの特徴とは

ブルーベリーの特徴として、はじめに、品種に関しては豊富で200種以上あって寒冷地から暖地まで日本についてはほとんどの場所において栽培可能であり、土壌としては酸性に関しては水はけが良いところを好んでいますが、根に関しては浅いため乾燥に弱く夏場による水切れには注意が必要となります。そして、冬眠期間に関しては十分あれば農薬を一切使うことなく栽培していくこともできます。また、雪が多く積もっているここ匹見町においてはハイブッシュ系やラビットアイ系などの5種類について栽培しています。そして、そんなブルーベリーの果実に関しては甘酸っぱく、しかも濃い青紫による色をしていますが、この青紫による色の元になっている成分に関しては有名なアントシアニン色素と呼ばれているもので、この成分が目に関して効果があるものとなっています。