目に優しいブルーベリーは自家栽培も簡単です

パソコンや細かい字をよく読む方には、ブルーベリーをこまめに摂取することをおすすめします。目の疲れによく効くからです。最近は冷凍のものもありますし、ドライフルーツにしてあるものもあるので、保存がきいていつでも食べられます。そのままでは食べづらい方は、ヨーグルトに入れるのがおすすめです。また、生のものをジャムにしてパンについて食べてもよいでしょう。目だけでなく肌もきれいになる効果が期待できます。さらに、健康を意識するなら、自家栽培も簡単にできます。無農薬で栽培できるので、身体に安心です。地域差はありますが、高原などでも栽培できるのである程度の寒さは平気です。畑でなく、庭に植えてもよく実がなります。虫の害はそれほどありませんが、鳥がつつきにくるのを防げはよいので、市販のネットを利用するとよいでしょう。

ブルーベリーが目に良いと言われる理由

よくブルーベリーを摂取すると目に良いと言われていますが、その理由はブルーベリーに多く含まれているアントシアニンという成分が、目の網膜にあるロドプシンの再合成作用を促進する作用があるからです。私たちの目の網膜にはタンパク質の一種であるロドプシンという成分があり、それが分解されることによって、網膜に映し出された映像が脳に伝わる仕組みになっています。一度分解されたロドプシンは再合成されるのが普通ですが、長い時間網膜を酷使するとロドプシンの再合成がスムーズにいかなくなり、目がかすんだり、ぼやけたりする症状が起きてきます。そのため、ブルーベリーの中にあるアントシアニンを摂取することによって、このロドプシンの再合成を促すことができるため目に良いと言われているわけです。加えてロドプシンの原料となるビタミンAも豊富に含まれていることも目に良い理由の一つに挙げられます。

ブルーベリーは万能な食品

「ブルーベリー」と聞くと真っ先に「目に良い」というキャッチフレーズが頭に浮かびます。実は目にだけでなく美容にもいい効果をもたらせてくれるアイテムです。「ブルーベリー」にはビタミンA、E、Cが豊富に含まれています。こちらの栄養素は未肌を作るのに欠かせない栄養素です。特にビタミンAにはアンチエイジングに効く活性酵素を多く含んでいるので「最近お肌の調子がいまいち」という方にはぜひ食べていただきたい食品です。また食物繊維も多く含んでいるので便秘気味の人やダイエット中の人にとっても万能なアイテムです。食べ方としては沢山売られているサプリメントが一番手っとり早く忙しい社会人の方にも忘れず摂取出来る方法です。時間がある時にはより栄養素が新鮮な形で摂取できる生のブルーベリーを食べて下さい。ヨーグルトに混ぜたり、スムージーにして飲むと美味しいですよ。